インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療は、歯の抜けた部位に人口の歯根(しこん)を手術的(手術は抜歯程度です)に埋め込んで、人工歯根が顎(あご)の骨に固着した後、人口の歯冠を上から装着する治療法です。
インプラントは永久的なものではありませんが日々の清掃(歯磨き)と定期的な検診を継続することで長期的予後が期待できます。

手術時間わずか15分程度

インプラントの長所

インプラントの良い点は自分の歯と同様な感覚で噛むことができ、噛む力、味覚が低下しないことです。また周囲の健全歯を傷つけず、審美性(外見上)も良好です。

インプラントの短所

インプラントの留意点としては、歯を抜く場合と同様の手術が必要で全身疾患(重度の糖尿病など)やインプラントを埋め込む場所(顎)の骨が少ない場合など、場合によっては治療できない場合もあります。

インプラントのQ&A

Q 歯を失った部分の治療はインプラント以外にどういう治療がありますか?
A 歯を失い、見た目も悪く上手く話せないうえ、噛みにくくなった場合の一般的な治療法は(1)入れ歯 (2)ブリッジ と二通りあります。

入れ歯=着脱式の床付きの人工歯
 
●硬いもの、粘るものは食べにくいです
 
●味覚が少し変わります
 
●痛みや違和感を生じることがあります
 
●臭いと汚れに対する手入れが必要です
 
●留め金が見た目の美しさを損なうことがあります

ブリッジ=歯の抜けた場所を周囲の歯で橋のようにつりさげて補う固定式の人工歯
 
●自分の歯と比べ,食感や味覚は変わりません
 
●支える歯を削り被せます
 
●抜けた歯の分だけ支えになる歯は負担が大きくなります
 
●食べカスがつまりやすく、不衛生になりやすいです

Q インプラントの費用はどれくらいかかるのですか?
A 1本315,000円(税込)です。ただし顎の骨の骨造成が必要になる場合は別途費用がかかることがあります。

当院で扱うインプラント

当院で扱うインプラントは、体に害のない純チタン材にハイドロオキシアパタイトという骨の成分の1つで骨と直接結合する材料をコーティングしてあります。手術が1回で済み、噛めるまでに約2~3か月程度と、回復までの期間がとても早いです。